このページは、細矢祐誉が私的に作成した資料その他を配布する際に使用しております。
 内容の保証はしませんので悪しからず。



2017年12月8日 横浜翠陵高等学校での出張講義『経済学のルールと報道について』資料
PDF資料



2017年度 法政『経済数学』講義ノート
第1章:序論
第2章:さまざまな関数とその性質
第3章:関数の連続性と最大最小原理・中間値の定理
第4章:微分法(I)-定義と四則演算の公式、多項式の微分
第5章:微分法(II)-合成関数の微分の公式
第6章:微分法(III)-平均値の定理、ロピタルの公式、テイラー展開
第7章:偏微分
第8章:ベクトルと行列、合成関数の微分の公式
第9章:最適化理論(コンパクト集合)
第10章:最適化理論(凹関数、準凹関数)
第11章:最適化理論(KKT定理)
第12章:積分とその計算法
第13章:確率とスティルチェス積分
第14章:期待値と分散、共分散
第15章:ラムゼイモデル(離散時間型)
第16章:ベルマン方程式と政策関数
第17章:ラムゼイモデル(連続時間型)とHJB方程式



2016年度 東大『経済学のための数学』講義ノート
第1章:序論
第2章:距離空間の基本的性質
第3章:微分方程式の解の存在定理とその応用
第4章:ラグランジュの未定乗数法とその応用
第5章:需要関数から効用関数を逆算する
第6章:効用最大化仮説のノンパラメトリック検定
第7章:微分方程式の局所・大域安定性について
第8章:オイラー方程式と横断性条件
第9章:生物学および進化ゲームにおける微分方程式
試験問題
試験の解答と解説



Guillemin and Pollack ``Differential Topology''問題解答(参考までに。合ってるかどうかの保証なし。興味のない問題は解いていない)

第1章
第2章
第3章
第4章



Karatzas and Shreve ``Brownian Motion and Stochastic Calculus''問題解答(参考までに。合ってるかどうかの保証なし。興味のない問題は解いていない)(ChungのA Course in Probability TheoryとDudleyのReal Analysis and Probabilityを何度も使用しています)

第1章
第2章



旧Stokey and Lucas勉強会用資料:
第二章
第三章



博士論文(提出済み)



Ioffe and Tikhomirov『極値問題の理論』について